指導者紹介


音楽監督

常任指揮者

相澤 直人

 1978年東京生まれ。東京藝術大学音楽学部作曲科・指揮科の両科で8年間の研鑽を積み、在学中より演奏活動を始める。 2007年には「あい混声合唱団」の立ち上げと同時に音楽監督に就任。様々な企画やコンクールへの出場、演奏会出演など、幅広い活動を展開。特に古典から現代に至る邦人作品において、その解釈や表現に高い評価を得ている。

 

 現在、あい混声合唱団、女声合唱団 ゆめの缶詰、AZsingersなど、10以上の団体で音楽監督、常任指揮者を務める他、各地から客演指揮者としての招聘も多い。2016年にはカーネギーホール(ニューヨーク)での演奏も成功を収め、各種メディアなどで紹介された。

 

 また、カワイ出版、音楽之友社等から多くの作品が出版されており、作曲家としても活躍中。“シンプルで口ずさみやすい旋律に、洗練された和声が付けられている”などと評される小品主体の作風が特徴。編曲作品も多い。

 

 2013年度NHK全国学校音楽コンクールにおいて課題曲の制作を担当、2014年度は初演の指揮を担当し、NHK Eテレの「スーパー合唱教室」等にも出演。また、TBSドラマ「表参道高校合唱部」では、代表作の「ぜんぶ(詩:さくらももこ)」が使用され話題になった。

 

 他に、日本各地で講習会講師やコンクール審査員を務めており、2015年8月には台湾で著書「合唱エクササイズ アンサンブル編 AIZAWA METHOD」1~3巻、「同 指揮編」1~2巻(共著)を使用したワークショップに講師として招聘された。2017年には中国、上海からの講習会及び客演指揮での招聘があるなど、今後も国内に留まらず、世界での活躍が期待されている。

 

 著書に「合唱エクササイズ アンサンブル編」1〜3巻、「合唱エクササイズ 指揮編」1〜2巻(共著)。「必ず役立つ合唱の本 ボイストレーニングと身体の使い方編」監修(著:北條加奈)。

 

 JCDA日本合唱指揮者協会、及び東京都合唱連盟理事。ACDAアメリカ合唱指揮者協会会員。ニューヨーク合唱フェスティバル・シニアアドバイザー。

©TAKUMIJUN